無修正アダルト動画 JAPANSKA-ヤパンスカ

女優美紀

陣内智則が語る“天狗・絶頂期”女優と付き合い「見合う人に…」と全身大変身 フット後藤「天下獲った顔」

それは一体どういうことなのだろうか。女優・中谷美紀の仕事哲学を聞いた。

女優の中谷美紀(47)が4日までに、自身のインスタグラムを更新。体調にまつわる日常の工夫を投稿した。

女優の水野美紀(48)が6日、自身のツイッターを更新。「検査したらもうあちこちボロボロ」と衝撃のツイートをし、フォロワーから総ツッコミに入っている。

川口春奈 「silent」と向き合い女優魂に火「これからも誠実に愛を込めてものづくりに」

「私はリミのように猛烈に仕事をしてきたわけではありませんが……」と控えめに語る中谷さんも、女優の世界で確かな地位を築いてきた。

橋本環奈が涙 人気女優と比較され苦悩の過去 励ましの言葉に感謝「お互い言われてること知ってた」

昨年の投稿で、血糖調節異常で医師の指導を受けていることを告白。糖質制限は、ワガママや美容のためとの誤解を受けることも多いと明かした中谷は「2010年に機能性低血糖症と診断されて以来、糖質制限を続けており、お砂糖を断つことはもちろん、食事もGI値の低い食品を選択」しているそう。そのため、「24時間血糖値を観察することのできるセンサーを身につけています」と、体調管理にセンサーを役立てていることを伝えた。 このセンサーで、これまで問題がないと考えていた「玄米や、十割蕎麦、ZENB(ゼンブ)ヌードル」、「GI値の低い梨」でも「つい丸々一個貪ったところ」血糖値を上げてしまうことが判明。そこで、「糖質制限の初心に戻り、泣く泣くこんにゃく麺を購入しました」とつづった。 それでも、栄養療法により「血管の状態は良好」のようで、「食後は血糖値が上がる前にスクワット」をするなど、「自分の身体で人体実験をしているようで楽しい」と、前向きに取り組んでいる様子。そして「あとわずかで90歳をお迎えになる草笛光子さんがおっしゃっていました。『一病息災』」という言葉を添え、「ご自身のお身体と仲良くお付き合いを続けてくださいね」と気遣った。 この投稿に「凄く勉強になります」「女優業も体力勝負と思います。どうぞ無理なく体調管理されて多くの作品を観たいと思っています」「私自身も病気と向き合うことで、以前よりも健康的で元気な毎日を過ごせています」などのコメントが寄せられていた。

おすすめの記事